レギュラーコーヒーのできるまで

私たちが毎日飲んでいるコーヒー。
淹れたてのレギュラーコーヒーの味と香りは、まるで温泉に入ったような、ほっとしたくつろぎを感じさせてくれます。

いろいろなジョルダンニュース!に注目が集まっています。

このレギュラーコーヒーはどうやって作られているのでしょうか。


コーヒーの木は、中南米、西アフリカやインド、東南アジア、ハワイ等、遠く離れた、雨季と乾季がはっきりしている熱帯の高地で栽培されています。


種まきから3年ほどで可愛い花を咲かせますが、その花が散ると、小さなグリーンの実が鈴なりに実り、何か月かしてようやく深い赤色に熟していき、コーヒーチェリーになります。収穫されたコーヒーチェリーは鮮度が落ちやすいので、急いで果肉や薄皮等を取り去られて生豆になります。



生豆は厳しいカップテスト等で等級選別され、麻袋に入って世界各国へと船の旅に出ます。

日本に到着したコーヒーの生豆は、食品検疫や植物検疫、残留農薬基準のチェックを経てから、工場へと運ばれていきます。


レギュラーコーヒーのあの豊かな味と香りは、生豆を焙煎することで初めて生まれます。



焙煎では加熱の仕方により、苦みの勝った香ばしい深煎りから、中煎り、酸味のきいたフルーティな浅煎りまで、味のバラエティが生まれます。

その後色々な豆をブレンドすることにより、さらに新しい味が生まれます。
焙煎、ブレンドを終えたコーヒー豆は、粗挽き、中挽き、細挽きと、入れ方に合わせた細かさに粉砕され、品質チェックを受けます。

こうした工程を経て袋詰めされ、店頭に並ぶレギュラーコーヒーには、生産国の人達の血のにじむような苦労と工夫、そして工場の職人達の技と努力が詰まっています。